縮毛矯正で失敗しないために④

ロングヘアーの巻き髪の女性の写真です。

縮毛矯正の失敗とは一体どういう意味でしょうか?

美容師さんにとっての失敗は美容師さんの縮毛矯正の経験のレベルによって感じ方が全然違います。

 

お客様の感じる失敗は、クセが残って縮毛矯正が全然かかっていないとか髪の毛がバサバサになったぐらいではないでしょうか。

髪の毛が根本から切れて坊主になったとかそのような方は最近は少ないですし聞かないですね。

 

とにかく、自分がイメージしていない状態に結果がなれば失敗ということです。

 

美容師としては、いらっしゃったお客様をカウンセリングさせていただくわけですが髪の毛を触って目で見て、このクセ毛の状態ならばこのぐらいの美しい髪の毛になるだろうと過去の自分の経験から頭のなかでイメージするわけなんです。

 

その、頭のなかにできたイメージを目指して仕事に入るわけですが最終的にそのイメージからずれると私の場合ですとそれはもう失敗になるんです。

 

お客さまにとっては最高の縮毛矯正がかかっているわけですが私にとってはイメージから離れているのですからほんの少し狂ったとしてもそれは失敗です。

 

このくらいの気持ちで縮毛矯正に対して打ち込んだ美容師さんはどんどん上手くなって行くんですね。

 

当店の美容師は全員縮毛矯正に人生をかけて、縮毛矯正が大好きな美容師ばかりなんです。

ですから、当店の美容師は縮毛矯正の神様達と呼ばれるくらいの技術レベルなんです。

 

それはそうでしょう。毎日朝から晩まで縮毛矯正の施術に取り組んでいたらそれはもう世界一の神様ばかりです。

 

縮毛矯正をかけるならそんな美容師たちに髪の毛を任せてくださいませ。

 

それではご予約をお待ち申し上げます。

 

 

コメントを残す

クリックで下へスクロール、一番下で再度クリックして下さい