縮毛矯正は失敗すると大変なことになる

縮毛矯正を上手にかける事ができる、関西ではあてるというんですか。

その髪の毛に対して一番美しく艶を出し、くせを直毛にするという技術は、なかなかの経験がいります。

例えば、どんな仕事でもそうですがそんなにすぐに出来るようになるわけではありません。

多くの失敗を重ねて上手くなっていきます。

失敗と言っても、いろいろな段階があります。クセが多少残った失敗、毛先がまっすぐにならない失敗。

数えきれない失敗があります。

お客さまにとっては、初めての縮毛矯正が初めて行った美容室で物凄く上手く綺麗にかかったとします。

数ヶ月過ぎて根本から新しいクセ毛が生えてきた時にまたサラサラヘアーにしたいと思いますよね。

それはそうでしょう、今度またかければもっときれいな髪の毛になるはずと思いますよね。

ところが、それが大間違いなんですね。

一度縮毛矯正をかけた髪の毛に再度薬剤を塗布するとヒドイことになるんです。

ヒドイことにならない場合もあるんです。それは、前回の縮毛矯正がシッカリかかっていない時は酷くなるどころか

すっごいきれいなストレートヘアーになるわけです。

じゃぁ何故そんなこと言えるんだと、、、突っ込まれたら、正直いいまして私は経験したことがあるんですね。

大失敗も大成功も経験しました。もう20年ぐらい前の話ですが。

本当に、実際に自分で成功や失敗を重ねていってうまくなっていくんですね。

失敗と言っても、多くの経験を積んだ美容師の私が失敗をしたと思っていても、お客様は綺麗になったわと喜んでく

れるそのレベルの失敗でも、失敗は失敗です。

 

経験を積めば積むほど、失敗のレベルが違います。

 

 

日本全国には、縮毛矯正の名人と言われる美容師さんは沢山いらっしゃるでしょう。

 

その名人級の方達もやはり、ひどい失敗を過去には経験したからうまくなったんですね。

 

ランドマーク758ヒルズは超名人級の美容師さんの集まりなんです。

 

現在でも、いくら薬剤の品質が上がったと言っても、美容師さんの過去の経験が確かに物を言っているんですね。

どこの美容室に行っても、どんな美容師さんに縮毛矯正をかけてもらっても綺麗にかかるようになれば

お客様にとってはいいですね。

One Response to “縮毛矯正は失敗すると大変なことになる”

  1. wpmaster より:

    コメント有難うございます。

    どんどんコメントして下さい。

    よろしくお願いいたします。

コメントを残す

クリックで下へスクロール、一番下で再度クリックして下さい